インプラント Implant

What is implant treatment? インプラント治療とは?

インプラントとは虫歯や歯周病、外傷などの原因で歯が失われたところに人工の歯根を顎骨に埋め、歯を補う治療法です。インプラントの大きな特徴は、顎の骨に人工の歯根の代わりとなるボルト(フィクスチャー)を埋める際に、外科的処置が必要なことです。手術は1~2時間程度で日帰りで行えるため、患者様の負担も少ないですが、健康保険が適用されませんので治療費が高額になります。

インプラント治療の
メリット・デメリット merit and demerit

  • インプラント

    インプラント治療で最大のメリットは健康な歯を傷つけることなく、失った歯を補うことができ天然の歯に近い審美性と感覚で噛むことができることです。一方、デメリットは自費診療のため治療費が高額になることと治療期間の長さです。おおよその治療期間は顎の骨とインプラントが結合するまで数カ月~半年ほど要します。

  • ブリッジ

    ブリッジ治療は失った歯の両側の歯を削り、連結した被せ物を装着することによって失った歯を補う方法です。メリットとしては固定式なので、会話や食事などほとんど支障をきたすことはなく、治療期間もインプラントに比べ短い期間で早く終わります。デメリットとしては失った歯の両側の歯を削らなければなりません。そのため、土台となる歯に負担がかかってしまったり、痛める原因に繋がってしまいます。

  • 入れ歯

    入れ歯治療のメリットは歯を削らず治療ができることです。取り外し式のため、インプラントやブリッジに比べると咀嚼力が弱く食事に支障をきたすことがあります。保険適用の入れ歯の場合、固定する歯に金属のバネをかけて維持させるため審美性に劣り、バネをかける歯に負担をかけてしまいます。

インプラント治療の流れ FLOW

  1. Step

    検査

    検査

    インプラント治療を始める前に、これまでかかった病気や現在の健康状態などを検査・確認します。そのあと、口腔内検査やレントゲン撮影を行い、残存歯および顎の骨の状態を検査し、下顎では下歯槽神経、上顎では上顎洞の位置を確認します。

  2. step

    一次手術

    一次手術

    局所麻酔のもと人工の歯根(フィクスチャー)を顎の骨に埋入します。手術方法は、一回法と二回法の二種類がありますが、どちらを選択するかは、患者様のお口の中の状態により選択することになります。

  3. step

    二次手術

    二次手術

    埋入したインプラントが骨と結合するまで、3か月から半年程度期間を空けます。その後、歯肉を切開して、一次手術で埋め込んだインプラントの先端を出し、アバットメントを取り付けます。二次手術は、一次手術に比べて短時間で終了します。

  4. step

    人工歯の装着

    人工歯の装着

    インプラント周囲の粘膜が治癒したら、人工歯の型取りを行います。形や色などは患者様に合わせて作製します。人工歯冠が完成したらインプラントに装着します。

  5. step

    定期検診

    定期検診

    インプラントは周囲の組織の状態から影響を受けやすい治療方法です。そのため、天然の歯よりもメンテナンスが重要となります。患者様からは、「一生持ちますか?」というご質問をよく頂きますが、天然歯と同様に、適切なメンテナンスを行わなければインプラントは長持ちしません。歯科医院での定期的な検査やメンテナンスは必ず受けるようにしましょう。

診療スケジュール Schedule

  日・祝
00:00 - 00:00
00:00 - 00:00

【休診日】木曜※・日曜・祝日
▲ 土曜日午後は14:00~17:00の診療となります
※ 祝日のある週の木曜日は診療いたします